【新型コロナウィルス】業績への影響は?

社労士業務

個人的な社労士業務の影響はほとんどない。

顧問契約させて頂いている取引先やこれから新規設立や新規開業する事業者にとって、コロナウィルスが流行っているからといって、業務がなくなるものではないから。むしろこういう時ほど、問い合わせが増え一緒に解決しないといけない時期。

ただ、取引先によっては相当に影響が出ているところもある・・

特に、個人顧客を相手とする「飲食店、美容室、不動産会社など」は露骨にお客さんの数が減り、売り上げが落ちている。

逆に法人企業相手に商売を行なっているところは、まだそこまで露骨には影響が出ていない様子。ここから先、こういった会社まで影響が出てくると恐いことに・・

個人的には、緩やかに通常時に戻ってくると予想。

楽観的なのかもしれないが、私が取引させて頂いている飲食店、美容室、不動産会社などコロナウィルスによる影響をまともに受けているところであっても、そこまで後ろ向きではなく、新たな人の採用などを考えているところが多いのが理由。市場もそろそろコロナウィルスによる影響に、過度に反応しなくなるのではと思える。

直接的な治療薬や根本的な解決策が見えないので、ここ数ヶ月は景気は鈍化するが、それ以降は緩やかに経済活動は戻ってくるに一票。

コメント

タイトルとURLをコピーしました