【新型コロナウィルス】臨時休業に伴う助成金とは?

社労士業務

新型コロナウィルスのニュースが毎日のように報道されている今日この頃。

私の取引先からも、新型コロナウィルスによる影響で売り上げがかなり落ちているところもあり、「コロナウィルス関連の助成金ってどんな内容ですか?」と問い合わせが殺到しています。

以下にて、現在公表されている【新型コロナウィルス感染症による小学校休業等対応助成金】の概要をお伝えします。内容に当てはまりそうな事業者はぜひ活用されて下さい!

・要件1

新型コロナウィルス感染症に関する対応として、臨時休業をした小学校等の子供を持つ保護者である労働者が休業した場合

・要件2

その休業を、雇用している事業主が通常の有給休暇とは別に、「有給(賃金全額支給)の休暇」を取得させた場合、この助成金が適用できる。

助成金額は、この休暇を取得させた労働者に支払った賃金相当額。

※ただし1日の上限金額は8,330円。※助成する期間は、令和2年2月27日から3月31日まで。このコロナウィルスの影響次第では、要件や助成金額、助成期間が変更される可能性はあると思います。

・よくある質問1:幼稚園や保育園は対象となるか?

幼稚園や保育園なども対象となっています。

・よくある質問2:保護者が自主的に子供を休ませた場合は対象となるか?

この場合は対象となりません。あくまでも学校側から臨時休業した場合、保育所などから可能な範囲で利用を控えるよう依頼があった場合が対象となっています。

・よくある質問3:半日単位の休暇や時間単位の休暇は対象となるか?

半日単位の休暇や時間単位の休暇は対象となっています。ただし、勤務時間を短縮するシフトを組んだ場合などは、休業に当たらないので対象とはなっていませんので注意が必要です。

ざっくりと新型コロナウィルスの影響による、臨時休業の助成金の概要とよく質問される点のお伝えでした。こういう助成金が使われ、少しでもコロナウィルスによる影響を緩和して欲しいですね!

実際に申請を検討される方は、管轄の助成金センターに問い合わせてみて下さい。地域によるのかもしれませんが、電話だと問い合わせ殺到でなかなか繋がらないので、直接助成金センターに行って話を聞いた方が早いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました